家庭用脱毛機の正しい使い方

昨今では、家庭用脱毛機が急速に普及して、各家庭に一台はあるようになりました。


基本的な使い方はどれもほとんど一緒で、照射したい部分の毛を剃って、機械の照射レベルを調節し、肌を冷却してから、照射します。

しかし適当な使い方をして、怪我をしてしまう人も多いようなので、手順をくわしく見ていきましょう。

脱毛機を使いたい部分の毛を、前日までに剃っておくことが大切です。やる直前に剃るのは良くありません。

知って納得の脱毛機に関する情報をすばやく探せます。

なぜなら毛を剃ると、少なからず肌にダメージを与えてしまうことになります。

そこにさらに照射してしまうと、痛みや肌荒れの原因になりかねません。
カミソリで剃る場合には、なるべく前日よりも前に処理しておいた方が無難です。
照射レベルの調節は必ずおこないます。
脱毛機のパワーは照射する部位によって最適な出力レベルが異なります。腕や脚などは多少高いレベルで処置しても、痛みを感じることが少ないですが、いわゆるデリケートゾーンだと出力が高すぎることが多いのです。

痛みがあるということは、肌を傷つけているので好ましくありません。



無理をして照射レベルを上げずに、適切な数値を守りましょう。

照射前に肌を冷やすのを省略してしまう人が多いようです。


しかし良いこととは言えません。
肌を冷やすことによって、照射の痛みを和らげることができますので、出力レベルを上げて処理していくことができます。



また、肌を守る役目も果たすことになりますので、必ずあらかじめ肌を保冷剤などで冷やしてから使いましょう。